2004年11月27日

唐突に思い出す言葉

娘たちがはっきりしゃべれなかった頃に話してた言葉。

例えば車の運転中、犬の散歩中、お皿を洗ってるときなど・・・

何年も前なのに鮮明に周りの情景と一緒に思い出す。と同時についつい頬が緩んでしまう。可愛かったなあ〜(*^▽^*)

上の子は緑のことを「いんどり」テレビのことを「テべり」バナナを「だまな」と言っていた。
下の子はご飯を「うわん」ちょーだいを「てってっしゅ」あと今でも謎の言葉「みしゃたほばた」がある。(←ほんとに今となってはわかりません(笑))

面白いと思われる言葉を挙げてみたけど、もっともっと覚えている言葉がある。

これって、いつまで覚えていられるんだろう?

忘れたくないなあ、いつまでも。
posted by AKI at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。